リフォーム物語|出会いの数だけ大切な物語があります。

シンプルな暮らし

 

今回ご紹介のお客様は、
中古住宅を約10年前ご購入され、
子供さんたちの小学入学のタイミングに
リフォームをされました。

家の間取りを考えるには、
子供の成長は切り離せないもの。
少し手のかからなくなった子供たちがいる
Y様邸のご希望とは!?

「1Fをワンルームに」
えっ!?とスタッフの手が止まる・・・ご要望。
現状は、家のど真ん中に玄関・階段・廊下があり、
和室とLDKが、その左右分けて存在する間取り。
無理です!と言って帰った工務店もいたのだそう・・・

 
でもよくよく聞いてみると、和室の使い道がなく、

せっかくあるのに有効的に使えていなかったようで、

そのようなご希望になったのでした!

そこで提案したのが、「ワンルーム風間取り」
玄関から直接LDKに入る動線にして、廊下もLDKに取り込みました。
筋交いなど構造にかかわるものを残し、
壁仕上げを取ってしまい、目線が通るようにしたり、
家の中を一周でき、TVを見る人、宿題する人、キッチンに立つ人、る間取りにしました!

真ん中の階段によって、見渡せるようで見渡せない間取りは、

それぞれが気兼ねなく思い思いに過ごしながら、家族の一体感をほどよく感じれる間取りになりました。

階段を中心にして一周できる間取り。大変楽なようです。

 

そして女性率の高いY様宅では洗面所へのご要望が高く、
今回は、当社で2ボールの洗面台を作らせていただきました。
背の高いご夫婦に合わせてカウンターは高め!
工場にも足を運んでもらい、作製しました!
全身ミラーもついて、

洗面室でストレッチもされるのだそう。
また、イケアでリフォームになじむ
家具アイテムを選んでこられ、
おしゃれですごく居心地のいい空間となりました!
「洗面所にいる時間が長くなりました!」
と女子力高いY様邸!

 

シンプル好きの奥様。キッチンは対面でなく、
壁付けで、できるだけ物はそぎたい。
と、食器棚もなし、家電起きもなし。
パントリーやキッチンの収納に収めるという、
好きなものを適量だけ。

をモットーにされました。

なので、炊飯器はありません。
お鍋で食べる分だけ炊くのがめちゃおいしい。と。
炊飯器を置くスペースのない家。
わたしのリフォーム談の中でもはや伝説です笑。