リフォーム物語|出会いの数だけ大切な物語があります。

おっかない二階伝説

今回ご紹介のお客様は、
60代のご夫婦で、
「前向き終活」を考えられています。

息子さん世帯と二世帯同居で、
数年前に1階のリフォームが終わり、
次は二階の物置になっている部屋を改装。

自分たちの荷物を整理して、
同居のお孫さん達の成長とともに
必要になってきた個室へリフォーム
されたのでした。


お孫さんが小さい頃は、
階段が危険なので
「上がったら怖いのでてくるよ!」と
足を踏み入れることが十数年なかった二階。
そう、息子さんたちが学生の時から
子供部屋として使っていて、
それぞれ世帯をもってからは、
めっきり2階に上がることもなくなっ
ていました。

上がってみると、遊び道具や、
表彰状、写真なんかもあって、
時の止まった空間でした。
「あの頃は、二階も友達が集まってにぎやかだったわ~」と懐かしむお母さま。
息子さんの奥さんと思い出の物をみて大笑いする場面もありました。

今回の工事では、個室では使っていたものの、
お爺様のこだわりで、
続き間になっていた和室の二階を、
間仕切り、洋室へと。
お孫さんたちの個室と、息子さん達の寝室に変身。
一角には、息子さんの奥さんの家事室として、
洗濯用テラスデッキとミシン室スペースを。
大きな梁が登場した寝室には、
天井高をとるためにも、
オシャレインテリアとしても
梁を見せて納めました。
扉の効果でいろんなスペースのアレンジができます

息子世帯が生活することで二階に、
また新しい活気がよみがえります。
奥様のチョイスのかわいいクロスで、
明るい内装に生まれ変わり、
お孫ちゃんにも、「おっかない二階神話(笑)」
は解消!(笑)

ピカピカ一年生のもお孫ちゃんも

お友達を呼びたくなるお部屋になりました!