A picture of today・・・

10月、黄色に色づき始めたイチョウ・・・
鮮やかなイチョウの黄と空の青わーい (嬉しい顔) 「とあるお散歩日和の一日」

イチョウの見ごろはまだまだ先ですので、自粛も必要ではありますが、3密を避けコロナ禍対策をしつつ
秋の紅葉が楽しめるお天気日和にリフレッシュを兼ねて皆様も、お出かけされてはいかがでしょうかexclamation and question

関西のイチョウ並木といえば、大阪の御堂筋などがあげられますよね 車 (RV)ダッシュ (走り出すさま)ダッシュ (走り出すさま)

A picture of today・・・

福崎町駅がリニューアルして、1年がたとうとしています砂時計
新しくなって、駅前を車で通ることはあったのですが・・・初めて覗いてみました目

名物妖怪の河童のガジロウが、毎日各指定の時間に出現
写真は、レアな〈修理中の水を抜いた状態のガジロウ〉ですウッシッシ (顔)

ガジロウは毎日AM7:07~PM8:07まで、毎時〈7分・22分・37分・52分〉に現れるみたい
ぜひ時間に合わせてガジロウに会ってみてはいかがでしょうかあっかんべー

福崎駅前観光交流センターに売っている、河童のガジロウ アメコミ風Tシャツは
子供に着せてみたいいい感じのTシャツ(もちろん、個人的感想ですがね冷や汗 (顔))でしたよウィンク

10月のショーウィンドウ

10月紅葉が見頃の兵庫県スポット、色々ありますね。
武田尾温泉の紅葉・瑞宝寺公園の紅葉・六甲高山植物園の紅葉・・・
コロナ禍対策をしっかりして、紅葉を楽しむのも良いのではないでしょうかもみじ

さて、10月ショーウィンドウは御覧の通り、ハロウィン仕様わーい (嬉しい顔)
会長夫人の手により、本物のかぼちゃに顔や帽子をかぶせてうれしい顔

 
本日は、当社臨時休業となります。
お客様や関係各所にはご迷惑をおかけしますが、ご了承下さいます様宜しくお願い致します。

 

9月2日〈水〉ショーウィンドウ

秋はコスモスが見ごろを迎えますね猫2
ピンクや白、時には黄色の色鮮やかな花を咲かせるコスモス。早いところでは7月下旬から見頃を迎え、
最も遅いところでは11月中旬までと長期にわたりコスモスを楽しめますねぴかぴか (新しい)
コロナ禍の中ではありますが、ソーシャルディスタンスを保ちながら
皆さんも近くを散策して、コスモス畑を満喫してみてはいかがでしょうか?
モリのショーウィンドウも秋色の飾りつけを会長夫人の手により模様替えうれしい顔


9月に入ったとはいえ、まだまだ残暑が厳しい今日この頃

各現場も順調に進行中。
現場、こまめな石けん手洗いやアルコール消毒。感染予防・ご安全に!

8月8日 ショーウィンドウ

8月もりショーウィンドウは
絵手ぬぐい『花火』バージョンですぴかぴか (新しい)
今年は、コロナ禍の影響で・・・各地の花火大会も中止だったりと物悲しいですが
少しでも早い終息を祈りながら、コロナに感染しないよう、日々予防をしっかりとし
そして暑さにも負けずに頑張りましょう!
今年も『福崎町なっ得商品券』取扱店です。
リフォーム工事代金に充ててくださいませうれしい顔

追伸
協力スタッフさんからのお土産を美味しくいただきましたうまい! (顔)


他にも・・・各協力スタッフさんには
誠に結構なお中元を頂いており
いつもお心がけ頂き恐縮に存じております。
今後とも一層のご厚情を賜ります様お願い申し上げます。

7月7日ショーウィンドウ

七夕は、7月7日に行なう星祭りですね。
七夕の日は、一年に一度だけ「おりひめ」と「ひこぼし」が天の川の上でデートをする日といわれ、
この日にちなんで、願 い事を書いた短冊を笹の葉につるし、おりひめ星に技芸の上達を願います。

そんな、七夕にちなんだショーウィンドウの飾りつけとなってますね目
会長夫人の孫たちも短冊に願い事を書いて、飾りつけのお手伝いをわーい (嬉しい顔)

6月のショーウィンドウ

葭障子(よししょうじ)
衣類の衣替えと同様、六月になると障子や襖(ふすま)のかわりに取り替えて、暮らしを夏向きに整えます。
簾が強い光を遮ってくれるため、室内は涼しく、簾の隙間から入る風はゆるやかに吹き抜け、
目にもすがすがしい風情が一層涼しさを感じさせてくれますね。

壁紙Ⅳ

ショールームに展示してある
スタッフチョイスの壁

『レンガ調』の壁紙ですね。ひと部屋ごとに色を1色で統一していることが多く、単調になりがちですが、
アクセントクロスとして、単調になりがちな部屋を遊び心のあるおしゃれな空間にしてみてはいかがでしょうか?

5月ショーウィンドウ

端午の節句ですが、日本ではもともと5月5日は女性の節句でした。
田植えを始めるこの時期に五穀豊穣を祈り、田植えをする女性=早乙女(さおとめ)が巫女となって
菖蒲や蓬(よもぎ)で屋根を葺いた小屋で身を清めたそうです。
現在のように端午の節句が男の子のお祭りになったのは江戸時代です。
菖蒲は勝負や尚武(武事を尊ぶ)に通じる事から勇ましさの象徴となり、
鯉のぼりを掲げて武者人形を飾るなど、男の子の祭りとして定着していったようです。

壁紙Ⅲ

ショールームに展示してある
スタッフチョイスの壁

『ななめ木目』の壁紙ですね。
木目の壁紙は「タテ」が多いですが、「木目」で個性的なデザインをお好みならこれもイイですね。

ページトップへ