リフォーム物語|出会いの数だけ大切な物語があります。

世代交代の瞬間 息子に、娘に、

今回のお客様は、町の写真屋さんのお話です。こちらの写真屋さんは、地元では有名な老舗写真店。3代続く写真屋さんです。親子・親戚で写真店を切り盛り。
生後間もないお宮参りの赤ちゃんが、ニコニコ笑った顔をしてしまうほど、アットホームな雰囲気の中での撮影してくれる写真屋さんです。12年前に写真店をリニューアル建て替えされています。
このたび社長(奥様)がご相談に来られました。
「自分がとうとう、息子・娘に代を譲る時期に来ています。私が、まだやれていない心残りのこと、それは、『写真を守る』ということなんです。」
「写真を守る」とは? 始めは私も、どういう意味なのがピンときませんでした。

お客様の特別な日を残した写真。
こちらの写真屋さんは、地元の卒業写真を作成されていますから、撮りためておかないといけない写真もあります。
最近は写真もデーター化しています。このデーターは、写真家にとっては、自分の命に代えてでも守るという使命感があるのです。
もし、もし、もし、この写真店が火事になった場合、
この大切データーを持って逃げる。その時間を長くしたい。
そのため、耐火性のある家具の中に保管したいということだったのです。

そしてもう1つのご希望。
娘さんの作業場所を確保してやりたい。ということでした。
13年前から圧倒的に変化したこと。それは、写真のデジタル化です。
撮影もさることながら、お客様の撮った写真もデジタル。昔は、ネガを預かって、全部現像していました。
現像してのお楽しみというところもあったんですが、最近は、撮った写真をその中から選んで現像する。
という形になっています。
当然、パソコンが必要になってきて、コンセント、スペースの不足が、娘さんの作業の効率まで悪くしているようでした。
息子さん、娘さんが、お客様の大切な写真を昼夜問わず、一生懸命編集し形にしている姿を、
社長は、代替わりの前に、何かの形で応援したいと思われていたのでしょう。

そんなご要望を聞き、リフォームプランを考えました。
お客様の写真注文スペースと娘さんの作業スペースを、受付カウンタで区切るプランです。イメージ図はこちら。
★娘さんの作業スペースは耐火性を考え、キッチンパネルに使われるパネルを収納にも貼りました。
★娘さんの作業は、パソコン作業や台紙作業もあるようで、その場に応じて大きくできる作業台を考えました。

プランニングはおおよそこのまま進みましたが、細部はお客様からご要望が。
まず、大切な思いを気のすむまで選んでいただきたいということで、現像注文スペースは、立っても座ってもいい高さのカウンターを。
また、お隣や、外からのチラ見を防止するために、圧迫感のない目隠しパネルを設置しました。

そしてお店の雰囲気は、濃いめの木目をチョイス。
『お宮参り、七五三、卒業、結婚、・・・写真撮影ってね、人生の中で節目であったり、記憶に残る特別な日だったりするんですよね。そんな日を形に残すためにご来場いただいたお客様に対して、こちらもおひとりおひとり大切に接客させていただきたいと思うんです。
その1つとして、少し高級感のある雰囲気を選びました。』とスタッフの皆さん。
メインとなるカウンター後ろのバックパネルには、
店名を浮き文字で、その後ろの壁はジョリパッド塗りで。
このジョリパッドはお店の親戚の方が塗られました。
そして、
昔からお店にあったレトロなカメラをオブジェにされました。
デジタル化で設備は変わったものの、老舗として昔から地元に親しんでいただいた、
アットホームさや1枚1枚の大切さの気持ちがこもったバックパネルです。

リフォームも終わり、リニューアルされた写真屋さん。
毎日お客様が撮影に、現像に、にぎわっています。
孫の写真を現像に来られたおじいちゃん。パソコンの操作がわからないと困っておられる様子に、やさしく教えてくださるスタッフさんの姿が。
証明写真を撮りに来た就職活動生、撮影にも気合が入ります。
お宮参りの赤ちゃんと姉歴1ヶ月のお姉ちゃん。緊張な面持ちを和らげるスタッフさん。
お店は変わりましたが、スタッフさんの気持ちは変わっていません。
素敵な写真屋さんリフォームでした。


素敵な写真屋さん情報

カワモトカメラ
神崎郡福崎町福田313-9
0790-22-1112 
フリーダイヤル0120-88-1668
是非、みなさんも、記念の一枚を!!