お知らせ|イベントのご紹介やリフォームだよりなど

お知らせ

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー住宅)について

 ZEHとは、ネット・ゼロ・エネルギーハウスの略です。
 住宅の断熱性・省エネ性の向上。そして、太陽光発電などでエネルギーを創ることにより、
年間の1次消費エネルギー量(空調・給湯・照明・換気)の収支をプラスマイナスゼロにする住宅の事を言います。

 

 我が国では「エネルギー基本計画」(2014年4月閣議決定)において、
「住宅については、2020年までに標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均で住宅の年間の
一次エネルギー消費量が正味(ネット)でゼロとなる住宅の実現を目指す」とする政策目標を設定しています。
 
 株式会社モリでは、お客様の『快適住空間』をお届けする指名のもと、当社でお届けする新築住宅に対して、
2020年までにZEH基準をクリアする住宅割合を50%以上にする事業目標を掲げました。
 
 
 平成28年度(2016年) ▶ 実績0%(当社H28年度の新築工事のうちZEH住宅は0件でした)
 平成29年度(2017年) ▶ 実績0%(当社H29年度の新築工事のうちZEH住宅は0件でした)
 平成30年度(2018年) ▶ 30%
 平成31年度(2019年) ▶ 40% 
 平成32年度(2020年) ▶ 50%

 

なお、この目標をもって、当社はZEHビルダー登録・申請しております。
※現在申請は「注文住宅」部門です。
  今後勉強を重ね、「既築改修」部門も登録する予定です。

 

●具体的なZEH普及策
 ホームページなどで、当社がZEHビルダー(※現在申請中)であること、を表明し、お客様が相談されやすい窓口となります。
 自社商品としてZEH仕様を設定し、標準仕様からZEH仕様になった場合の差額、
 住宅ローンや光熱費などの負担の軽減を説明し、ZEH仕様を取り入れやすい情報を提供いたします。

 

●コストダウンに向けた具体策
 お客様と充分な打ち合わせでご意向を聞いたうえで、
 建物形状や窓の大きさ、配置方向を、断熱効率が高いプランを提案いたします。
 また、ZEH仕様住宅件数を増やすことによって、ノウハウを身に着け、スタッフの作業ロスを減らし、
 必要のない人件費カットを目指します。
 
●その他の取り組みなど
 モリ・リフォームでは名の通り、リフォームを主とした工事をしています。
 そこで得たリフォームノウハウを生かし、新築でのプランまた、リフォームしやすい配慮を怠りません。
 またWB工法を採用推進し、地熱・空気の取り入れを利用することにより、
 数値より、なお高い省エネ性・健康をお届けできるよう取り組みます。