6月を振り返って。。

チーフの森です

今年ももう折り返し地点。。
時間はどんどん進んできております。 追い越されてたまるもんかと思いも空回りし気味かもしれませんが。。
7月22日に向け最終のラストスパートです。

6月は、W杯がはじまりしびれる試合が多くありました。開幕当初はあまり盛り上がりに欠けてるじゃないかと思っていましたが、予選リーグを終わっみると 今までにないぐらいの盛り上がりではないでしょうか??

これは日本の勝利というもの 予選突破というものもありますが、見る人に見やすく提供できているからでないでしょうか。。

放映時間も深夜でありますが 仕事も気にせず見れ、また今回から取り入れられたVARビデオ判定は試合の適格性が増見る側が審判へのに不満感を 激減してサッカー素人の僕でもすごくわかりやすく観戦できました。

また試合の前の VTRも日本戦だけでなく 各国の状況もすごくわかり日本戦同様楽しくみれます。

また映像もマルチアングルで観れ 試合の興奮も増して見ることができ。盛り上がることは必然的だと感じることができました。

これも 見る側の要望に応えた FIFAの作戦 本当に素晴らしい。。

感動したことがまだありました。。

先日行われた 商工会青年部主張発表大会中播磨地区予選  僕の1個下の後輩が 福崎町商工会青年部代表で出場しました。。
彼は 脱サラして2年目の部員 青年部には入ったのも2年目なんですが。。 存在感というのでしょうか勢いが素晴らしい。見習いたい部分が多くある。その中でも前向きな精神はとても好きです。
主張発表も練習のたびにうまくなり、本番での主張発表は素晴らしかったのですが惜しくも県大会 出場はかないませんでしたが。。 いつまでも心に残る内容に感どうしました。
人に伝える技術 思いこれってすごく大切ですよね。 思いがあっっても伝わらないと。。。意味がない。。
私ももっともっと勉強しないといけない部分です。

もう一つ感動したことが。。
地元の子供会の ソフトボール大会がありました。。
毎日練習をして区大会を勝ち進み。町大会に 1回戦はサヨナラ勝ち 続く2回戦は延長戦にもつれる大熱戦。取られてはとりかえし最後は惜しくも敗れてしまいましたが。3ヶ月余りの練習の成果をだしきった試合となりました。 負けても気持ちのいい笑顔に刺激を受けました。

刺激を受け 私が企画したイベントも 形になりそうです。そこでもやっただけにならないように いい結果が出るように詰めの作業頑張りたいとおもいます。平成30年折り返し地点ですが。。さらなる高みを目指し頑張りたいと思います。千里の道も1歩からその1歩目を踏み出しました 先はまだ長いですがやります。実現してみます。

コメントをどうぞ

お名前
メールアドレス
URL
コメント本文
 

ページトップへ